これから長い期間住む家を建てるなら|専門業者に地盤調査を頼もう

作業者

メリットを知る

工事現場

状況を知り対策ができる

地盤調査のメリットは、事前に家を建てる土地がどのような状況なのかを確認できることです。日本では、地震であったり、土石流などの土砂災害が発生しやすく、家を建てる前にはこの地盤調査はとても重要です。この地盤調査での費用は、どのような試験を行うかによって違ってきます。スウェーデン式サウンディング試験では3万円〜5万円程度と、地盤調査の中では最も安い方法と言われています。その他にも、表面波探査法では5万円〜8万円程度、ボーリング調査となると15万円〜25万円程度の費用が必要となります。良い地盤の場所を選んで、これから土地を購入する人には地盤調査は大きな助けとなります。しかし、土地を選ぶことができない人にとっては、地盤調査をしても意味がないと思う人もいるかもしれません。しかし、この地盤調査をすることで、家の建て方も違ってきます。たとえ地盤が緩い土地であっても、基礎の方法によっては、地震に強い家を建てることも可能です。一般的な基礎として布基礎やべた基礎などがありますが、地盤改良をして硬い地盤にする表層改良や柱状改良などの方法もあります。地盤調査をすることにより、その地盤に合った建て方をすることとができるのです。地盤が緩い土地に家を建てる場合には、新築であっても何かと不安を感じるのではないでしょうか。地盤調査をして、その地盤にあった対策をして家を建てることで、家族が安心して暮らせる家づくりをすることができます。